質問: 学位論文を修正してジャーナルに投稿しても問題ないですか?

質問の内容 -
学位論文を修正してジャーナル論文として出版するよう、ある同僚がアドバイスしてくれました。そんなことができるのですか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

修士論文や博士論文に修正を加えてジャーナル論文として書き直すことは可能です。しかし、学位論文とジャーナル論文は、学術的文書としてまったく別のジャンルに属するものであるという認識が必要です。それぞれ異なる読者層に向けて執筆されるものであり、求められているものも異なるからです。

学位論文の修正を始める前に、ジャーナル論文の全般的アプローチや書式が、学位論文とは異なるものであると理解することが重要です。例えば、ジャーナル論文は学位論文よりも短いものになるのが普通です。また、ジャーナル論文の文献レビューは、焦点を絞って簡潔に記さなければなりません。材料と方法のセクションでは、使用した方法論の詳細のみを記述し、研究方法については掘り下げません。論文の結果のセクションでは主要な結果についてのみ論じ、全ての結果を含めることはしません。

先輩の研究者や指導教官、またはメンター等にアドバイスを求めて、ジャーナル論文の必要条件や学位論文との違いを教えてもらうこともできるでしょう。インターネットで情報を見つけることも可能です。手始めに、修士論文や学位論文をジャーナル論文に変換する方法について、こちらの記事をご覧ください。

こちらのコース「論文撤回を避ける:倫理的出版とは」も役に立つと思いますので、参考にしてみてください。


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。