記事

研究倫理

人気
臨床試験は、新しい薬や治療法や機器を開発し、それらを普及させる前に安全性と効果をテストするための重要な研究手段だと考えられています。ところが続き
人気
サラミ法(salami slicing)とは一本の研究論文で報告できる大きな研究を小さい発表論文に分割する行為を言います。言い換えると続き
人気
インフォームド・コンセントとは、正しい情報を得たあるいは伝えられた上での双方の合意を意味する概念のことを指します。たとえば続き
人気
競争が熾烈な学術出版の世界では、オーサーシップに関わる問題が増えていています。自分の研究の功績を認めてもらえない著者続き
人気
臨床試験登録に関する規定をよく知らなかったために、論文の掲載が拒否されてしまった事例をご紹介します。ジャーナルに論文を投稿する際は続き
人気
また、ヘイムス氏は、COPE (出版倫理委員会;the Committee on Publication Ethics)に対し
人気
国際医学雑誌編集者委員会( The International Committee of Medical Journal Editors続き
人気
事例 : その研究は、創傷治癒の新しい技術を提案し、2つのメディカルセンターの患者に針穿刺を行ったというものです。論文では続き
人気
治験プロジェクトを終了し、得られたデータ量がかなり多いことに気づいた著者。少なくとも3つの論文を出版できると考え続き
人気
近年、伝統医療の研究倫理に関する議論が活発になっています。主なテーマは、野生薬用植物の不正収穫、地元の知識保有者に対する研究者の道義的責任続き