記事

研究倫理

マイクロバイオームと研究公正を専門とするコンサルタントで、ブログ「Microbiome Digest」の創設者
今日の学術出版界では、さまざまな非倫理的行為に対する脆弱性が高まっています。悪徳業者は続き
あるジャーナルの編集委員が、自誌の出版論文と別誌の出版論文の内容が重複していることに気付きました。調査の結果続き
出版論文の数や質が評価指標となる世界において、論文著者に名を連ねることは、研究者としての信頼を築く大切な手段です。この信頼は続き
人気
近年、伝統医療の研究倫理に関する議論が活発になっています。主なテーマは、野生薬用植物の不正収穫、地元の知識保有者に対する研究者の道義的責任続き
人気
ある著者が、前臨床試験に関する論文を国際ジャーナルに投稿したところ、適用されるすべての規定を遵守しているかどうかを尋ねられ続き
人気
臨床試験は、新しい薬や治療法や機器を開発し、それらを普及させる前に安全性と効果をテストするための重要な研究手段だと考えられています。ところが続き
人気
治験プロジェクトを終了し、得られたデータ量がかなり多いことに気づいた著者。少なくとも3つの論文を出版できると考え続き
人気
倫理規定の承認ルールが国によって異なるために、問題が生じることがあります。特定の国の研究者が、国際ジャーナルで出版できないケースがあるのです続き
エリザベス・ウェージャー先生による「出版倫理セミナー」の資料はこちらからダウンロード出来ます。続き