記事

コミュニティ

New
学生時代にコスタリカへの調査旅行で生態学者になることを夢見て、それを実現させた研究者の体験談をご覧ください続き
若手研究者のニーズは千差万別であり、また万人に効果的な指導というものはないため、メンタリングも難しくなります続き
2022 年を実り多い年にするためには、どのようなことに取り組んだらよいのでしょうか?この問いを CACTUS 社内で投げかけてみたところ続き
科学 研究の妥当性を検証する査読は、学術出版に欠かせないプロセスです。しかし、若手研究者をはじめとする多くの研究者は続き
査読は、論文の正確性、信頼性、堅牢性を裏付け、研究の整合性にお墨付きを与えるものです。査読者としての自分をアピールして認知度を高め続き
国際オープンアクセス・ウィーク 2021 では、イベント「 Ask Me Anything 」を開催し、学術出版界の専門家たちに続き
ピアレビュー・ウィーク 2021 では、「査読におけるアイデンティティ」というユニークなテーマで議論が繰り広げられました続き
ピアレビュー・ウィーク 2021 最終日は、「個人のアイデンティティが査読に与える影響」について考えます。 3 名の日本人研究者の方に続き
ピアレビュー・ウィーク 2021 に際し、日本人研究者 3 名の方に「査読における多様性についてどう思いますか?研究と科学には続き
研究と査読における多様性を確保することには大きな価値がありますが、ジャーナルはどうすれば査読の多様性を実現できるでしょうか続き