記事

研究者のためのキャリアガイダンス

ポスドク期間は、独立した科学者としてキャリアを歩むための準備期間と言えます。しかし、膨大な研究者の数に対する職の受け皿が小さいため続き
人気
研究者たちは、増加の一途をたどるハゲタカ出版社やハゲタカジャーナルへの警戒を強めていますが、最近では「ハゲタカ学会続き
人気
ポスドクになるということは、多くのトラブルシューティングをこなしつつ、仕事に追われる生活を送る可能性が高くなるということです続き
人気
学会での研究発表は研究者にとって重要な場であり、若手研究者の多くは、貴重な経験を積める機会として前向きに捉えています。しかし続き
人気
若手研究者は、学術界での成功を目指す中で、自分の知識・能力・熱意を示す機会を常に求めています。査読者になることは続き
人気
ポスドク研究者という立場には、予測不能な多くの困難がつきまといます。準備が十分に整っていないために続き
人気
テナント氏は、インペリアル・カレッジ・ロンドン地球科学科の博士課程(古生物学)の最終学年に在籍しています。研究テーマは
人気
査読は大変な作業ですが、学術出版における公正さと整合性の要と言えます。このプロセスが維持されるよう努めることは続き
人気
学術界で常勤職を得るのは簡単ではありません。大学はテニュア・トラックの職を減らして非常勤職員や臨時職員の数を増やしていますが続き
人気
ポスドク研究員という立場は、博士課程修了後に学術界でキャリアを積もうとする人にとって、見習いや訓練の機会となります。先端的な研究を行い続き