このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。

質問: 類似研究

質問の内容 -
昨年から経済学の分野である研究に取り組んでいましたが、最近海外のある研究者が類似する研究をワーキングペーパー(WP)で公開しました。このWPには、まだいくつか小さな技術的な問題も見られますが、概ね同じ方針で取り組んでいます。この場合、WPですが、先行研究でアイデアは出ているため、論文の投稿を考えると論文の新規性を再考する必要がありますでしょうか。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

出版プロトコルとワーキングペーパーの背後にあるアイデアについて、主なアイデアと新規性は、それを先に出版した人のものということになります。つまり今回の場合、公開済みのワーキングペーパーの著者が、そのアイデアについての優先権を持ちます。したがって、論文へのアプローチに少々変更を加える余地があるのであれば、論文投稿前にそのようにするのがベストだと思われます。そうすれば、ワーキングペーパーからアイデアをコピーしたという印象は払拭できるでしょう。また、新規性という点での高評価は望めないので、一流誌での出版は難しいかもしれません。結論として、可能であれば、論文のアプローチを変えることをお勧めします。


関連記事:


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。