質問: 投稿論文に異動前の所属と異動後の所属の併記は可能でしょうか

質問の内容 -
A機関(著者の現所属)で計測・解析したデータを発表しようと考えています。もしこの著者が研究期間中に研究費と共に他の機関(B機関)に移動し、A機関で得たデータを解析・論文化した場合、著者の所属をA、Bと併記することは(他施設への研究データ持ち出しが問題ないという前提で)学術上妥当でしょうか。A、B両機関同時に所属していた時期がないという点が気にかかっています
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

A機関のリソースを使って研究を実施したのなら、あなたの研究に主要な貢献をしたのはA機関ということになるので、著者所属先はA機関とするべきでしょう。論文の材料と方法のセクションにも、A機関の名称を記載しましょう。


ただし、すでにA機関を去っていてB機関に移っているのなら、連絡先には、現在の所属先であるB機関を加える必要があります。また、B機関に移った後にもその論文に関する作業を行なったのなら、謝辞のセクションでB機関に言及しても良いでしょう。


関連記事:


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。