質問: 「総説」論文を執筆する際に、細胞培養手法について複数の報告がある場合、パラフレーズしてどれくらいの情報を引用できるものでしょうか。

質問の内容 -
効率の良い培養デバイスが複数種類開発され、それぞれ臨床試験の報告があるとします。これらを「総説」のなかで具体例として紹介する場合、表にまとめて比較してそれぞれに引用を付ける以外に、本文内でもパラフレーズしながら方法、結果について具体的な数値をある程度引用したいのですが、常識的な記載可能行数などはあるものでしょうか。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

一般的に、ジャーナルは、論文の種類ごとに制限ワード数を定めています。総説論文は原著論文よりも長いのが普通ですが、制限ワード数はジャーナルによって異なります。また、1つの論文で使える図表の点数にも上限が設けられています。ただし、論文のセクションごとのワード数や、引用したい具体例に割くワード数には、通常、制限は設けられていません。


したがって、あくまでも、あなたが論文をどのようにまとめたいのか、そしていくつの具体例を紹介したいのかによります。図表で使用したものと同じデータを繰り返さないように気を付けて、主張を裏付けるのに必要だと思われるだけの具体例を使いましょう。


関連記事:


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。