質問: 論文の二重投稿についての質問

質問の内容 -
以前に自分たちで実施した小規模・非ランダム化デザインで実施したpilot研究の結果を受けて、大規模・ランダム化デザインの研究を実施し、それを論文として投稿する際に、pilot研究の論文とintro、methods、discussionの文章表現が似通ってしまう(重複してしまう)部分が多いのですが、introで上記の旨を述べたとしても、これは二重投稿に当たるのでしょうか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

状況を正直に伝えれば、二重投稿とはみなされないと思います。カバーレターで状況を説明するとともに、論文の冒頭で、その研究が過去のパイロット研究に基づいたものであると述べ、出典も明記しましょう。また、イントロダクションでパイロット研究について説明し、それがどのように大規模・ランダム化デザインの研究につながったのかを述べることも必要です。これらの点をすべてクリアすれば、大規模・ランダム化デザインの研究は、パイロット研究のフォローアップあるいは第2段階の研究とみなされ、二重投稿とみなされることはないでしょう。

 

関連記事


このコンテンツは「ジャーナルへの論文投稿」ステージに属しています。

あなたの論文にぴったりのジャーナルを選びたいですか?個別コーチングプログラムでエキスパートのアドバイスを受けましょう。