質問: 共著者が勝手にデータを追加した論文を無断で投稿してしまいました。どうすればいいですか?

質問の内容 -
私が第一著者として投稿した論文がアクセプトされました。しかし、投稿・査読・修正のプロセスは、私がポスドクとしてその研究を行なった研究室を去った後に行われました(コレスポンディング・オーサーは、その研究室の長)。修正には積極的に関わったのですが、その後の再査読を経た再修正の際に、コレスポンディング・オーサーから、新たなデータを加えたいと提案されました。私は、そのデータが論文とは無関係で混乱を招くリスクを考慮して、この提案を明確に拒否しました。それにも関わらず、彼は私に無断で新たなデータを加えた論文を投稿してしまいました。コレスポンディング・オーサーとは、この問題を解決しようと何度も話し合いを試みましたが、埒が明かなかったため、ジャーナルの編集者に問い合わせることにしました。編集者からは、「査読後のデータの追加は原則として認められている」との頼りない返答があり、「論文を強化するものであるならデータを追加してもいい」とした上で、コレスポンディグ・オーサーに対し、「最終版の投稿の前にすべての共著者の同意を得ること」との指示がありました。コレスポンディグ・オーサーは、自分の提案を取り下げる意思は今もないようです。彼は、「ほかの共著者全員の同意は容易に得られる」と言っており、私だけが有用なデータの活用を阻止しようとしていると非難しています。私は、彼が自分の強い立場と共著者との関係を利用して、私を阻害していると感じています。今のところ、データを加えることに関する明確な科学的根拠の説明はありません。コレスポンディグ・オーサーの提案に私1人が同意しない状況がこのまま続いた場合、ジャーナルはどのような判断を下すのでしょうか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

ほとんどのジャーナルは、変更に対して共著者全員の同意が得られていない限り、論文を出版することはありません。反対しているのが1人だけであったとしても、論文は出版されるべきではありません。個人的には、コレスポンディング・オーサーがこの段階になって新たなデータを加えたがっていることを不思議に思います。査読者は、このデータを加えるべきだと言っているのでしょうか。

コレスポンディング・オーサーに、データを加えることによって論文の科学的な質がどのように向上するのかを聞いてみましょう。その際は、ccにほかの共著者を入れ、新たなデータを加える理由の説明がない限りは同意できないことを伝えましょう。その説明に納得できない場合は、納得できない理由と、データを加えることで生じるデメリットを説明しましょう。また、データを加えることで、論文がもう一度査読に回る可能性があることも伝えておきましょう。

以上のやり取りの記録をジャーナル編集者に送り、自分の同意がない限り論文は出版されるべきではない旨を伝えてください。あなたの専門分野で新たに出版される論文には、常に注意を向けておきましょう。万が一、論文が無断で出版されていることに気付いたら、すぐにジャーナルに問い合わせましょう。


関連記事:


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。