質問: 著者校正原稿の訂正

質問の内容 -
articles in pressの段階のcase reportについてです。discussionの中で、英熟語の間違いを1カ所見つけました(包括的表現を使用すべきところに限局的表現を使用している)。今後、著者校正が送られてくると思われますが、その時点で訂正可能でしょうか。また、著者校正で訂正可能な一般的な範囲を教えてください。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

まずは、原稿のアクセプトおめでとうございます!完璧な論文が出版できるように、アクセプト後も原稿をチェックしているのは素晴らしいことです。


ご質問にある間違いは些細なものなので、校正の段階で修正することはまったく問題ありません。そもそも、言語、文法、スタイルの小さなミスを修正するのが校正です。そして、それが、2つ目のご質問への答えになります。校正ではマイナーな修正のみを行い、大きな修正や、大量の修正は行えません。許容される分量を示すのは難しいですが、あまり多くの修正はできません。(あまりに多くの修正が必要なら、そもそもアクセプトされていないでしょう。)


とにかく、今回の件については心配無用です。校正原稿が届いたら、修正を行いましょう。以下の記事も参考になるかもしれません:


出版後は、論文のプロモーションが気になるかもしれません。私たちのリサーチコミュニケーション・ブランドであるImpact Scienceは、さまざまな形で多くの読者に出版論文を届けるお手伝いをしています。もしご興味があれば、こちらをご覧くださいImpact Science

出版までもう一息です。最後までベストを尽くしましょう!


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。