質問: decision in processが7カ月以上続いています。

質問の内容 -
Elsevierのあるjournalに1年以上前に投稿して、decision in processが8カ月以上続いています。5カ月前から毎月のように催促のメールを送っていますが、「編集者に尋ねてみます」の返信があるのみで何の進展もありません。このまま待ち続けるしかないのでしょうか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

レビュー期間はジャーナルによってさまざまで、中には1年以上にわたるケースもあります。投稿から最初の判定までに通常どれくらいの期間がかかるかはジャーナルのウェブサイトで確認できるはずなので、そこに書かれているよりも長くかかっているかどうかを確認してみましょう。

ほかのジャーナルに投稿し直してもよいと考えておられるなら、ジャーナルに原稿の取り下げを申し出るのも1つの選択肢です。ただ、投稿サイクル全体を最初からやり直さなければならないので、さらに時間がかかる可能性もあります。

今のジャーナルでの投稿プロセスを続けたいなら、残念ながら、編集者に問い合わせる以外の方法はなさそうです。礼儀正しく丁寧な問い合わせを続けましょう。

問い合わせる際のメールテンプレートをご紹介しますので、参考にしてください:

Dear Mr./Ms. XXX [Editor's Name],

I have submitted my revised manuscript titled XXXX [manuscript id: xxxx] to your journal via the online submission system on dd/mm/yyyy [date of submission]. Two days later, the status changed to ‘with editor.’ However, the status has remained unchanged ever since.

I would be grateful if you could let me know whether there has been any further progress on my submission.

Sincerely,

XXXX [Your name and contact details]


関連記事:


このコンテンツは「原稿の追跡」ステージに属しています。

ジャーナルへの論文投稿に不安がありますか?エキスパートによる無料の個別コーチングで備えましょう。