Tags

査読不正

最新

被引用数が世界一多い研究者で、 Journal of Theoretical Biology (JTB) 誌の編集委員を務めていた人物が続き
科学のすそ野が広がりを見せる一方で、研究者が、出版倫理の超えてはならない一線を越えてしまうことがあります。とくに続き
人気
査読は、科学出版における品質管理に有効と考えられていますが、出版しなければならないという重圧から、査読システムを悪用してしまう著者がいます続き
人気
科学出版システムにとって大きな懸念となっている 査読の不正操作により、ここ2年間で110もの論文の撤回にいたったジャーナルがいくつかあります続き
人気
トンプソン・ロイターのインパクト・ファクターを持つジャーナルでの論文発表は、学者や研究者にとってますます重要になっているため続き