質問: 研究結果が非有意なものであっても、論文の執筆を続けるべきですか?

質問の内容 -
論文を執筆中なのですが、研究結果に十分な有意性があるとは言えません。このまま執筆を続けるべきでしょうか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

「非有意な結果は重要でなく、論文として出版するのが難しい」というイメージは、研究者の間に広く浸透しています。しかし、このイメージは正しいものではありません。非有意な結果は、既存の仮説や理論への反証となることがあり、ネガティブな結果を立証するものとして重要な意味を持ち得ます。これらの結果は、将来の研究の基礎となり得る重要情報なのです。多くのジャーナルが、新規性のある画期的な研究を好み、非有意/ネガティブな結果の出版に消極的なのは事実です。しかし、この傾向は徐々に変化しており、最近では多くの出版社が、科学の発展のためにネガティブな研究にもオープンになっています


ただし、研究開始前にサンプルサイズを正しく算定したかどうかは、確認する必要があるでしょう。サンプルサイズが十分に検討されていない場合、その結果はさほど重要ではない可能性があります。また、論文の執筆を続けるかどうかは、さらにデータを追加できる余地があるかどうかにもよります。その余地がある場合は、統計分析を再度行なって有意性を検討し直すとよいでしょう。いずれにせよ、非有意な結果が重要であることに変わりはなく、それは、研究の性質、使用した変数、適用した統計的検定のタイプに左右されるものです。


関連記事:


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。