質問: 国内公刊済みの日本語論文を、英訳して海外誌に投稿することは不正か?

質問の内容 -
国内で公刊された論文(人文系)に基づいて韓国での国際シンポジウムで発表しました。その後、その団体より英語学術誌を発刊するから投稿しないかと連絡がありましたが、公刊済みのものは不可ということでした。国内で公刊されたものは英訳して他誌に投稿することは不正でしょうか。
答えを書く
2 この質問に答える
回答:

二重投稿になり不正です。nの数を増やし画像を別の物にしなければなりません。また、discussion も少し変更すれば問題ないと思います。

回答:

ある言語で出版された原稿を別の言語に翻訳して出版することは、不正ではありません。一定の条件が満たされていれば、問題のない行為です。許容される二次出版に関するICMJEのガイドラインをご参照ください。

研究をより広く伝えるという目的で、別の言語での出版はしばしば行われることです。今回のケースは、その英文誌があなたの論文に興味を持ち、自誌の読者にも有意義だとみなしたものの、出版済みのものはたとえ外国語であっても認めないという方針を取っているということですね。


この点についてジャーナルに問い合わせ、原稿を一部修正すれば出版が可能かどうかを確認してみましょう。可能ということであれば、最初の出版元である和文誌からも許可を得る必要があります。また、英語論文には、それが二次出版であることを明記する必要があります。ただ、英文誌からの同意を得ることは難しいかもしれません。それでも、やれるだけのことをやってみましょう。


関連記事:


このコンテンツは「ジャーナルへの論文投稿」ステージに属しています。

あなたの論文にぴったりのジャーナルを選びたいですか?個別コーチングプログラムでエキスパートのアドバイスを受けましょう。