質問: ジャーナルからリジェクトされないようにするにはどうしたらいいですか?

質問の内容 -
私は今、ジャーナルに投稿するために論文原稿を準備しています。編集者からリジェクトされたり、書き直しを要求されたりしないようにするために知っておくべきこと、あるいはすべきことについて、アドバイスをもらえますか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

リジェクトは、ジャーナルの審査過程では避けられないものであり、それを防ぐための方法は残念ながらありません。論文原稿が何の修正もなくそのまま受理されるのは、きわめてまれなことです。また、論文の質や新奇性について求められる水準はジャーナルごとに異なります。つまり、あるジャーナルでリジェクトされた論文が、修正後に別のジャーナルで受理されることもあるのです。 


著者としては、論文の構成がしっかりしていること、論理がスムーズに展開していること、そして文法的に正しく書かれていることを確認するとよいでしょう。文章や論理の展開に自信がなければ、プロの編集/校正業者の助けを借りるのも一案です。また、ジャーナルの著者向けガイドラインに従っているかも確認してください。出版規定を遵守し、剽窃や盗用二重投稿サラミ出版などの問題がないようにしましょう。


以上のことをすべて行えば、完璧な論文原稿を完成させるためにできることはすべてやった、と言えます。ただ、それだけのことをしても、リジェクトや修正の要求を回避できるわけではありません。通常は、査読コメントを注意深く読んで、提案に基づいて論文を改善するというプロセスが待っています。たとえあるジャーナルで論文がリジェクトされても、別のジャーナルからいつかは必ず出版できるはずです。このプロセスはほとんどの研究者が経験することですから、覚悟しておきましょう。


このコンテンツは「論文のリジェクト」ステージに属しています。

ジャーナルからリジェクト判定を受けましたか?無料の個別コーチングでエキスパートに相談しましょう