質問: 編集者は研究者以外が務めることもありますか。

質問の内容 -
最近某雑誌によく投稿しているのですが、その雑誌は当初ハゲタカと判断され、その後リストから除外されたOAの雑誌社です。 その雑誌は投稿から編集者の選定まで1時間しかかからず、編集者(正確にはAssistant Editor)の氏名で業績を確認しても文献は見つかりません。直近2回ともそういった次第なのですが、こういったことは普通にあることでしょうか。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

ハゲタカジャーナルのリストから除外されたとはいえ、かつてはハゲタカジャーナルとみなされていたジャーナルに投稿しているのには、何か理由があるのかもしれません。このことは、悪徳出版への意識向上に大きな役割を果たしている当社パートナーのCabells社による最近のブログ記事でも取り上げられています。しかしながら、リストから外れたとはいえ、一定の疑いは残ります。できれば、このようなジャーナルへの投稿は控えた方がいいでしょう。


今回のご質問のジャーナルでは、レビューを行なってはいても(そもそもレビューを行なっていないケースもある)、そのために必要な人数も、優秀な編集者も雇っていないと思われます。現状では、新型コロナウイルス危機のせいでワークフローに問題が生じ、研究生にレビューの補助をさせているジャーナルもあるでしょう。ただし、そのような場合でも、編集長(Editor-in-Chief, EiC)が最終判断を下し、最終原稿の品質が保たれるようにしているはずです。これは、ご質問のジャーナルには当てはまらないかもしれません。繰り返しますが、そのようなジャーナルは避けるのが賢明です。


先ほどハゲタカ出版とCabells社について触れましたが、新手のハゲタカ出版の一種である「著者向けハゲタカサービス」とその予防策について紹介した、こちらの共同執筆記事も、ぜひお読みください進化するハゲタカビジネスに対抗するには


また、こちらの簡易チェックリストもご活用くださいハゲタカ出版社を見抜くための10のチェック項目

最後に、ニーズにあった適切なジャーナルを選ぶ際は、こちらのサービスもご利用頂けます。


このコンテンツは「ジャーナルを選ぶ」ステージに属しています。

論文が仕上がりましたか?エキスパートによる無料の個別コーチングを受けて、優れた論文投稿パッケージを準備しましょう。