質問: 重複出版について

質問の内容 -
医学系臨床医です。以前、Short communication形式でacceptされた臨床症例(自分がfirst author)をNarrative review形式の別の論文で使用することは重複出版にあたるのでしょうか?既に出版されているShort communication論文のDiscussionの項に鑑別疾患を除外する目的で若干の文献reviewを記載しています。医学臨床論文ではまず新しい疾患や知識がCase reportとして認められ、それらが集まってNarrative reviewとなり・・・という過程は極自然のように思いますが。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

重複出版とは、ある論文が、同じ著者による別の出版済み論文と実質的に同じである場合のことを指します。今回の場合は、鑑別疾患を除外する目的でDiscussionに追記を行うだけなので、本質的には何ら新しい結果を報告するわけではありません。したがって、これは重複出版とみなされます。


ただし、もしこのDiscussionにおおいに新規性があり、この症例の理解にとって重要と考えられる場合は、再び投稿することを検討すべきかもしれません。その場合は、出版済み論文を引用し、一部のデータの再利用について出版社から許可を取り(データの一定の重複は避けられないので)、その症例についてはshort communicationとしてすでに出版していることを次のジャーナルの編集者宛てのカバーレターで明確に述べ、さらに、追加の考察が医学界の利益になると確信する根拠を説明する必要があるでしょう。


<関連記事>

重複出版と同時投稿の罠

すでに投稿した論文の解析方法を変えて別のジャーナルに投稿しても大丈夫?

Can two papers with same data but different analysis be considered duplicate publication?


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。