質問: インパクトファクターのないジャーナルは、信頼しない方がいいですか?

質問の内容 -
エルゼビアのRadiation Research and Applied Sciences誌に論文を投稿したのですが、いくら検索してもこのジャーナルのインパクトファクターが出てきません。インパクトファクターがないジャーナルは信頼しない方がいいですか?信頼できないようなら投稿を取り下げたいのですが、問題ありませんか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

すべてのジャーナルにインパクトファクター(IF)が付いているわけではありません。基本的に、創刊から3年未満のジャーナルにはIFがありません。また、長期間IFが付いていたジャーナルでも、そのクオリティを維持できていなかったり、著者に自誌の論文の引用を強要したり、ジャーナル・インパクトファクター(JIF)の基準を満たせなくなったりした場合は、IFを失うケースがあります。この場合、要件を満たした状態に戻すことができれば、次年度にIFを取り戻すことができます。IFのないジャーナルが必ずしも信頼できないというわけではありません。今回の場合は、エルゼビアという高名な出版社が出版元なので、ジャーナル自体も信頼に値するでしょう。一度、編集委員会のメンバーや、バックナンバーの質を確認してみてください。指導教官や先輩に評判を聞いてみるのもよいでしょう。信頼できそうなら、論文を取り下げる理由はどこにもありません。もしも信頼できそうにない場合は、取り下げても構いません。投稿後に論文を取り下げることには何ら問題はありません。論文を取り下げるには、編集者にその旨を書いたメールを送る必要があります。その際、取り下げの承認メールを返信してもらうようお願いしておきましょう。承認メールを受け取った時点で、論文の取り下げは正式に完了します。承認を受ける前に別のジャーナルに投稿すると、二重投稿と見なされてしまうので、気を付けましょう。


関連記事:


このコンテンツは「ジャーナルを選ぶ」ステージに属しています。

論文が仕上がりましたか?エキスパートによる無料の個別コーチングを受けて、優れた論文投稿パッケージを準備しましょう。