質問: ジャーナルの採択率が100%というのはあり得ますか?

質問の内容 -
現在、初めて国際誌に論文(システマティックレビュー)を投稿する準備をしています。エルゼビアのマッチングツールを使った結果、タイトルとアブストラクトから投稿先にふさわしいと判断された10誌がリストアップされました。その中でレビュー専門のジャーナル(インパクトファクター: 2.6)を見つけたのですが、採択率が100%と書かれていました。投稿された論文が100%採択されるというのは、どういう意味ですか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

採択率が100%ということは、そのジャーナルに投稿されたすべての論文が採択されているのでしょう。これはかなり珍しいケースですが、依頼論文のみを受け付けているジャーナルでは十分にあり得ることです。このようなジャーナルでは、権威のある著者に寄稿を依頼するので、採択率が100%となります。


もう1つ考えられるのは、ジャーナルが出版後査読システムを採用している場合です。ただし、私の知る範囲では、エルゼビアでこのようなシステムを採用しているジャーナルはありません。


また、その数字が誤りである可能性もあります。まずは、ジャーナルのウェブサイトに記載されている採択率を確認してください。ウェブサイトにも「100%」の表記がある場合、それが寄稿依頼専門のジャーナルなのか、または出版後査読を採用しているのかを確かめてください。どちらにも該当しない場合は、編集者に一度問い合わせてみましょう。


このコンテンツは「ジャーナルを選ぶ」ステージに属しています。

論文が仕上がりましたか?エキスパートによる無料の個別コーチングを受けて、優れた論文投稿パッケージを準備しましょう。