質問: リサーチクエスチョンは論文のどのセクションに含めればいいですか?

質問の内容 -
「リサーチクエスチョン(研究課題)」の重要性を意識しながら、課題ステートメントを作成しました。しかし、これを論文のどのセクションに入れればいいのか分かりません。課題ステートメントは、論文のどの部分に含めるべきですか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

論文は一般的に、「イントロダクション」、「方法」、「結果」、「考察」のセクションに分けられ、IMRADと呼ばれる形式で構成されます。リサーチクエスチョン、目的、仮説は、研究の文脈を説明したり、他でもないそのテーマを選んだ理由を説明したりするのに必要な要素です。したがって、リサーチクエスチョンは「イントロダクション」のセクションに含まれるべきものです。イントロダクションを書くときは、最初に研究の背景を説明し、それから先行研究のレビューを行いましょう。リサーチクエスチョンはその後に述べるのが一般的です。つまり、リサーチクエスチョンは通常、イントロダクションの最後に含まれるということです。

関連記事:


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。