このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。

Q&A: Ithenticateについて

初めて論文投稿をします。 一度ある雑誌に投稿した所、違うジャーナル(姉妹誌のような)の方が良いと判断されました。そして、そちらに投稿したところ、Ithenticateが41%以下にして再提出しろと言われました。Ithenticateにかけてみると、46%でしたが、著者名や所属名、参考文献も含めてその数字です。言い換えている部分もありますが、固有名詞や参考文献、著者名など不可抗力の部分が多数です。 エディターは、参考文献を考慮したりはしないのでしょうか?参考文献を外すと、指定された41%は余裕でクリアします。 何か対処方法などあれば教えてください。
1 回答

剽窃は深刻な倫理的問題です。通常、ジャーナルが認めるのは1520%程度の類似度です。編集者は寛大にも41%までを許容するという処置を取っていますが、これはおそらく、著者名と参考資料を考慮した上でのものだと思われます。今回は、ほかのソースからコピーした文章について、(著者名と参考資料以外の)全てのテキストを言い換えることをお勧めします。


関連記事:


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。