質問: 業績リストの記載について

質問の内容 -
科研費応募の際の業績リストですが、どのような点を評価されているのか教えてください。たとえばインパクトファクターや引用数などの指標が評価の観点になることはありますか。その場合、数値の低い論文は記載しないほうがよいのでしょうか。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

助成金申請の審査では、出版論文の数、論文が掲載されたジャーナルの知名度やインパクトファクター、結果の本質や重要度(画期的な結果は当然ながら重要視される)などに重きが置かれます。

 


高いインパクトファクターは優れた研究であることを示すものであり、インパクトファクターは分野におけるジャーナルの相対的重要度の指標にもなるので、論文掲載元のジャーナルのインパクトファクターが重視されるケースは多いでしょう。ただしそれは、インパクトファクターの低いジャーナルで出版された論文を除外すべきだということではありません。たとえインパクトファクターの低いジャーナルで出版された論文が含まれていたとしても、助成金獲得のチャンスは、業績リストが長いほど高まるからです。

 


関連記事:

Avoiding rejection of grant proposals


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。