質問: 剽窃チェックサービスについて

質問の内容 -
剽窃チェックサービスには、類似性のある部分のリライティングも含まれますか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

よく利用されている剽窃チェックのサービスやツールは、剽窃や類似度の高さのチェックのみを行なっており、指摘箇所のリライティングは行なっていません。どの箇所にどのように対処すればよいかを記載したレポートがもらえますが、リライティング(修正)は別のサービスとなります。これは、当社の剽窃チェックサービスでも同様です。(一方、当社の校正サービスでは、原稿をさまざまな形で改善し、投稿できる状態にすることを目指しています。)

リライティングがサービスに含まれていない理由は、おそらく、剽窃を回避しながら書くという行為には、引用コンテンツを理解した上でそれを自分の言葉で書くということが含まれており、それゆえ、著者自身で行うのがベストであるという考えに基づいています。剽窃チェックサービスは、著者自身が問題点に気づけるよう促し、原稿を少しずつ改善していけるようサポートするものだと言えるでしょう。


関連記事:


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。