質問: 論文の投稿後かつ査読後で、同じジャーナルに再投稿する前に著者の追加・削除はできますか?

答えを書く
1 この質問に答える
回答:

具体的な状況が分からないので何とも言えませんが、一般的には、正当な理由があれば、著者の追加や削除は可能です。査読で大幅修正を求められれば、新たに別の研究者のサポートを得て変更作業を行う必要が生じることもあるでしょう。あるいは、同じく大幅修正を求められた場合に、ある著者が担当したセクションや視点が必要なくなるということも考えられます。また単に、論文を修正しようにも連絡のつかない著者がいるというケースもあるでしょう。

いずれの場合も、修正作業を進める前に、関わる著者全員と、変更について確認する必要があります。削除の必要がある著者については、必要に応じ、謝辞のセクションなどで貢献を認める必要もあるかもしれません。これは、相手の気分を害さないためではなく、論文に対する貢献をきちんと認めるための対応です。著者を変更する場合は、理由を添えて編集者に報告しましょう。報告を怠ると、後々オーサーシップの問題が生じて、アクセプトや出版の遅れにつながることも考えられます。

関連記事:


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。