質問: 症例報告、予備研究、RCTをシステマティックレビューとしてまとめることは可能ですか?

質問の内容 -
症例報告、予備研究、RCTをシステマティックレビューとして1つにまとめることは可能ですか?可能なら、どのような方法で分析を行えばいいですか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

症例報告(ケースレポート)、予備研究(パイロットスタディ)RCT(ランダム化比較試験)をシステマティックレビューとして1つにまとめることは、良い案とは言えないでしょう。これらは、比較することができない異なる種類の研究だからです。

  • 症例報告では、完了済または進行中の研究例を扱います。( 薬効についての研究)
  • 予備研究は、過去にデータのない、仮説に基づいた新しい研究を実施するものです。
  • RCTは、多くの被験者における治療効果を評価する研究です。

しかしながら、研究ごとに下位セクションを立て、データを個別に分析すれば、システマティックレビューとしてまとめることも可能です。データ分析は、実施した研究に応じた方法で行なってください。各研究の結論も、別々に書きましょう。
 

関連記事:
若手研究者のためのシステマティックレビューの書き方指南

 


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。