質問: 参考文献のミスがリジェクトに繋がる可能性はありますか?

質問の内容 -
大幅修正を行なった論文を高名なジャーナルに再投稿したのですが、査読コメントへの回答として示した参考文献にミスが1つあったことに、送った後で気付きました。すぐに編集者に連絡を取ると、「論文は現在査読中のため、編集を加えることはできない」との返答がありました。この状況をとても心配しています。ほかの箇所にミスはないのですが、論文がリジェクトされる可能性はありますか?
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

その他の修正がしっかり行われているなら、この1つのミスが論文に悪影響を与えることはないでしょう。エラーがある旨を編集者にもう一度説明し、正しい参考文献を提示すると共に、査読者にこの情報を伝えてもらうようお願いしてみましょう。可能なら、編集部ではなく担当編集者に直接連絡を取ってください。編集部宛てのメールは、査読者とやり取りをする権限がない編集アシスタントが対応している場合が多いですが、担当編集者なら、査読者と連絡を取り合っている可能性が高いので、あなたからの情報を伝えてくれるでしょう。


このコンテンツは「論文のリジェクト」ステージに属しています。

ジャーナルからリジェクト判定を受けましたか?無料の個別コーチングでエキスパートに相談しましょう