記事

原稿の執筆

New
エビデンスベースの研究を行うためには、盤石な基礎の上に自らの研究を組み立てることが必要です。つまり、新たに研究を始めるときは続き
New
数値や物理単位は、とくに工学や物理科学分野の論文では欠かせないものです。数値と物理単位の表記にミスがあると続き
New
雑誌に寄稿を依頼されたけれども、堅苦しい論文調の文章しか書けないという方もいるかもしれません続き
専門用語は、文脈によって変化することが少ないものです。そのため、非英語ネイティブによる論文であっても、専門用語の深刻なミスは少ないものです続き
略語は、複雑な専門的文書を読みやすくするのに役立つため、研究論文でよく使われます。しかし、慎重に扱わないと混乱を引き起こし続き
「翻訳剽窃」とは、ある言語で書かれた論文を翻訳したものを、引用元を示さずに別の論文で使用することです続き
ある共同研究で、研究デザインに結果の妥当性を疑わせる欠陥があることが発覚。しかし、すでに相当量のデータが収集済みだったため続き
論文の執筆は、気軽な書き物とは異なります。無駄な言葉を省き、口語表現を避け、客観的に述べることが求められます。これら の点について続き
「この文にはどちらの単語を使うべきか?」など、誰もが頭を悩ませながら論文を執筆しています。非英語ネイティブの研究者による研究論文では続き
科学論文では慣例的に受動態が使われてきましたが、最近では能動態を好むジャーナルや編集者が増えており、これまでの傾向に変化が見られています続き