記事

科学コミュニケーション

人気
学会での研究発表は研究者にとって重要な場であり、若手研究者の多くは、貴重な経験を積める機会として前向きに捉えています。しかし続き
人気
さて、研究論文がとうとう完成し、希望したジャーナルに論文が掲載されました。次は研究の影響力を高めるために続き
人気
ポスター発表(Poster presentation)は、学会に出席している人たちに自分の研究がいかに重要かを伝える最高の機会です続き
人気
インパクト・ファクター、h指標、その他ジャーナルや研究者を評価する尺度は、どれも引用をベースにしています。基本的な論理は簡単です続き
人気
一度何かを知ったり理解したら、それを「知らない」でいることはできません。 科学者でない人向けに文章を書く科学者は続き
人気
過去20年で、情報を消費・処理・普及する方法は大きな変貌を遂げました。科学コミュニケーションもまた続き
人気
ジョン・ウィリンスキー博士のビデオインタビューの第一回です。学術研究界の将来、さらには知識基盤社会について
人気
カバーレターと抄録は、ジャーナルの最初の選別段階を通過するための要です。編集者が最初に読むのはカバーレターと抄録なので続き
人気
ある著者が投稿した論文が、査読の結果、大幅修正を求められました。それと同時に、編集者からは続き
人気
一度論文を発表したら、後は椅子に深く腰掛け、人に読んでもらい称賛されるのを待つだけ…という時代は、とうに終わりを迎えました。この記事では続き