記事

オーサーシップ

人気
インターネットによって情報共有やプロジェクトでの協力が格段に容易になり、研究者たちは国を跨いで密接に連携しながら研究できるようになりました続き
人気
以前書いたオーサーシップに関する記事では続き
人気
一世紀ほど前は、学問の世界における著者の定義は単純明快でした。ほとんどの論文で、著者は一人であり、その人が唯一の研究責任者だったからです続き
人気
2名以上の代表著者を認めるジャーナルもありますが、多くのジャーナルは認めていません。しかし、ほとんどのジャーナルは続き
人気
事例 : ジャーナルに原稿を投稿したところ、「大幅な修正をすれば採択(accept with major revisions)続き
人気
デジタル化とオープンアクセスが日常的になり、科学はますます共同的になってきています。最近では単独の著者による発表はまれです。続き
人気
競争が熾烈な学術出版の世界では、オーサーシップに関わる問題が増えていています。自分の研究の功績を認めてもらえない著者続き
人気
今回の事例は、著者資格基準について十分に理解していない著者が、どのようにして、ある人から受けた援助・利益と引き換えに続き
人気
ある研究論文の著者たちが、異例の事態に直面しました。共著者の一人であった研究者が亡くなったのです。論文はまだ執筆を始めたばかりの段階で続き
人気
事例: ある論文の校閲を依頼されました。共著者が三人いて、そのなかの筆頭著者(Aさん)が終始、私たちと連絡を取り合い続き