記事

オーサーシップ

New
論文投稿数の激増に伴い、デスクリジェクトの数は増え続けています。ある予測データによると、投稿された論文のうちの 20% が査読前に、 30%続き
New
リジェクトはできれば避けたいものですが、研究者なら誰でも経験することです。ただ、リジェクトの原因は自分で解消できるものもあります続き
非英語話者の著者が母語で画期的な研究を発表したとしても、英文の一流国際誌で発表しない限り、注目を集めるのは難しいでしょう。続き
ある研究によると、出版された論文の 50% は著者本人と編集者と査読者しか読んでおらず、 90% はまったく引用されていません続き
長い期間を費やした研究を論文にまとめて投稿しても、そのままアクセプトされる確率はきわめて低く、ほとんどの場合続き
論文への著者の貢献度は、著者名順で判断できる場合もありますが、通常は、相対的な貢献度を正確に判別することは困難です。 CRediT (続き
出版論文の数や質が評価指標となる世界において、論文著者に名を連ねることは、研究者としての信頼を築く大切な手段です。この信頼は続き
論文の責任著者(コレスポンディング・オーサー)が、論文投稿後や論文出版後に果たすべき役割について説明します。また続き
人気
責任著者になることを目標にしている研究者は少なくありません。責任著者は、論文作成に大きく貢献するだけでなく続き
人気
ある事情から、匿名での出版を希望する著者がいました。デリケートなテーマを扱っているため続き