記事

オーサーシップ

論文への著者の貢献度は、著者名順で判断できる場合もありますが、通常は、相対的な貢献度を正確に判別することは困難です。 CRediT (続き
出版論文の数や質が評価指標となる世界において、論文著者に名を連ねることは、研究者としての信頼を築く大切な手段です。この信頼は続き
論文の責任著者(コレスポンディング・オーサー)が、論文投稿後や論文出版後に果たすべき役割について説明します。また続き
人気
責任著者になることを目標にしている研究者は少なくありません。責任著者は、論文作成に大きく貢献するだけでなく続き
人気
ある事情から、匿名での出版を希望する著者がいました。デリケートなテーマを扱っているため続き
人気
ある研究論文の著者たちが、異例の事態に直面しました。共著者の一人であった研究者が亡くなったのです。論文はまだ執筆を始めたばかりの段階で続き
人気
インターネットによって情報共有やプロジェクトでの協力が格段に容易になり、研究者たちは国を跨いで密接に連携しながら研究できるようになりました続き
人気
2名以上の代表著者を認めるジャーナルもありますが、多くのジャーナルは認めていません。しかし、ほとんどのジャーナルは続き
人気
出版物の制作過程でジャーナル側によるミスが起きることは珍しくなく、これらは出版の記録や論文の科学的整合性に影響を及ぼすことがあります続き
人気
一世紀ほど前は、学問の世界における著者の定義は単純明快でした。ほとんどの論文で、著者は一人であり、その人が唯一の研究責任者だったからです続き