質問: Author guidline に

質問の内容 -
文字制限は4500Words(All include)とだけ記載がありました。抄録や本文、references,figure legendsは含むと考えましたが、これはTitle pageやAuthors’ contributionsなども文字カウントに入るのでしょうか?投稿時、図表は別ファイルで添付します。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

ほとんどのジャーナルでは、タイトルページと著者の貢献度は、文字制限の対象に含まれません。アブストラクトと参考資料も対象外となっている場合もありますが、これらについてはジャーナルによって異なります。対象範囲を明確にしているジャーナルもあれば、曖昧になっているジャーナルもあるので、字数制限を大幅に超過しないということを心がけるとよいでしょう。最初に原稿を書くときは、書きたいことをきちんと書くことに集中しましょう。単語や文章を編集して制限字数内に収めることは、その後でもできます。とはいえ、字数制限がネックになっている状況なら、編集サービスの利用も検討してみましょう。ほとんどのジャーナルは、字数制限に多少の余裕を持たせています。オンライン版での初回原稿であれば、なおさらその傾向が強いでしょう。ただ、印刷版の場合はスペースの問題がありますので、より気をつける必要があります。

今回のご相談が、字数制限をほんの少しオーバーしてしまったことが心配ということならば、論文投稿時のカバーレターに、「字数制限内に収めようと最善を尽くしましたが、若干超過してしまいました」と書き添えることも可能です。そのことで不利になるということは考えにくいでしょう。

論文の執筆と投稿がうまく行くことを願っています!


関連記事:


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。