査読の歴史

査読の歴史

(Frontiersに掲載されたインフォグラフィックを、許可を得てここに再掲載しています。)

査読は出版プロセスに欠かせない品質管理手法ですが、私たちが知っている現在の査読は、約2世紀前に想定されていたものとは大きく異なっているようです。
Default Alt text


査読の歴史年表

1665

ロンドン王立協会が、世界初の科学誌「Philosophical Transactions」を創刊。この時点では査読は存在せず、編集者が掲載論文を決定

1669

フランス科学アカデミー選出の専門家が、王に捧げる発明や発見の査定報告書を執筆

1731

エジンバラ王立学院が任命したメンバーが、一般向けに出版する書物を吟味

1831

ロンドン王立協会のウィリアム・ヒューウェル(William Whewell)が、新たに創刊されるジャーナル、Proceedings of the Royal Society掲載予定の論文の報告書を委託することを提案。新規性と科学的厳密性のどちらに着目して評価を行うべきか、という問いは当時も重要視されていた

1833

この時点で、査読者は報告書を匿名で書くようになっていた(シングルブラインド・ピアレビュー)。査読者は、学会の評判を守る「守護者」だった

1894

生理学者のマイケル・フォスターが言うところの、「純粋な科学が流れる川に、下水が垂れ流されている」状況を改善するため、学会は系統的な査読システムの導入を検討

1990年代半ば

英語圏の国々では、査読が一般的なものに。バイアスを排除するため、ダブルブラインド・ピアレビューが登場

1991

プレプリントリポジトリのarXivが誕生。査読なしの論文がオンライン上に公開され始める

2000

BioMed CentralBMC)が発足:査読において、インパクトを検討要素としない

2007

Frontiersが発足:「共同(collaborative)」ピアレビューの実施、出版後に査読者の氏名を公表

BMJ Openが発足:査読者の氏名と査読報告書を論文とともに公開

2012

Rubriqが発足著者がジャーナルへの投稿前に査読を依頼できる、外部査読サービス

Publonsが発足:査読者や編集者の活動を功績として認める

2013

F1000が発足:出版後査読システムを導入

現在

バイアスを排除する動きが継続。査読プロセスの透明性とスピードが向上

未来

査読がどのように進化していくかは誰にも分かりません。トリプルブラインド・ピアレビュー(著者、編集者、査読者の全員が匿名)によってバイアスは排除されるのか?査読者の立場はどのように変わるのか?FrontiersYoung Mindsでは、子供が査読を行なっている可能性も? さらなる技術の進化や新たなアイデアの登場により、当初の姿からは想像もつかない形に変化しているかもしれません。


技術年表(図表左端)

1440

グーテンベルクの活版印刷:印刷と民衆への配布が容易になる

1890年代

タイプライター:カーボン紙での5枚複写が可能になり、論文を委員会内で回覧できるようになる

1959

ゼロックスコピー機:論文の複写がより簡単に

1990年代

インターネット:出版と査読の革命が始まる


※PDF版はこちらからダウンロードできます:査読の歴史年表


参考文献

Csiszar, A. (2016) Peer review: Troubled from the start. Nature 532:306-8 doi:10.1038/532306a

Spier, R. (2002) The history of the peer-review process. Trends in Biotechnology 20(8):357-8 doi: 10.1016/S0167-7799(02)01985-6

査読の歴史年表.pdf

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください


このコンテンツは「査読」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、査読コメントへの対応方法を学びましょう。