質問: 速報論文がacceptされた後に、その論文を引用したreview論文は投稿できますか?

質問の内容 -
原著論文を投稿しましたが、編集者側の意向で論文を短縮した形ですぐにacceptされました。アイデアを速報する形で、伝えたかった内容は大幅に短縮せざるを得ず、今回の論文を引用する形で伝えられなかった内容をreview論文として作成しても問題ないでしょうか? 自己剽窃にならないように、前の論文の文章は使用しないように気をつけています。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

検討されている通りの進め方で問題ないように思われます。レター論文(短報)について引用するほか、念のため両方の論文の編集者に確認して許可を得るようにしましょう。こうすることで、二重投稿の疑いから自分の身を守ることができるはずです。また、重複出版に関する国際医学雑誌編集者委員会(ICMJE)のガイドラインも参考にしてみてください。

短報がまだ出版前ならば、引用する際は、"Accepted for publication"と記載するようにしましょう。また、レビュー論文を投稿する予定のジャーナルのウェブサイトで、アクセプト済み論文の引用スタイルを確認しましょう。


関連記事:

重複出版と同時投稿の罠


このコンテンツは「研究の実施」ステージに属しています。

研究を行うにあたっての基本を学びましょう。エキスパートによる無料の個別コーチングを受けましょう。