質問: 論文投稿時にプレプリントの登録を勧められました。もしリジェクトされたら、プレプリントも撤回されるのが一般的でしょうか。

質問の内容 -
論文投稿時にプレプリントの登録を勧められました。もしリジェクトされたら、プレプリントも撤回されるのが一般的でしょうか。また、他のジャーナルに投稿することになった場合、二重投稿とならないでしょうか。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

プレプリントとは、著者が共用サーバーにアップロードする、科学論文の完成版原稿です。これは、ジャーナルへの投稿原稿と同じバージョンであるケースも多いです。プレプリントがアップロードされると、科学的な内容であることを確認するための簡易チェックが行われます。そして、査読は経ずに12日でオンラインに掲載され、誰でも自由に閲覧できる状態になります。プレプリントは査読を受けないので、まったく読むに値しないか、意味をなしていない状態でない限り、リジェクトされることはありません。したがって、ジャーナルに投稿した原稿がリジェクトされても、プレプリントには影響がありません。そもそもプレプリントは、ジャーナルが投稿原稿に判定を下すよりもずっと前に登録されるはずです。


同じ原稿の修正版を、後でジャーナルに投稿することも可能です。プレプリントの登録は、査読誌での論文出版とは違うので、すでにプレプリントを登録済みであっても、原稿をジャーナルに投稿することに問題はありません。つまり、二重投稿とみなされることはないということです。ただし、投稿時にはプレプリントの登録について報告し、リンク先を提供することが望ましいでしょう。


関連記事:


このコンテンツは「ジャーナルへの論文投稿」ステージに属しています。

あなたの論文にぴったりのジャーナルを選びたいですか?個別コーチングプログラムでエキスパートのアドバイスを受けましょう。