質問: 特許登録後の論文投稿について

質問の内容 -
特許を出願し、その後公開・登録までが完了した研究成果について、論文投稿を行うことは可能でしょうか。二重投稿と見なされてしまう可能性がないか、心配しています。 もし投稿可能な場合、特許登録されたデータのみで論文を構成することは可能でしょうか。それとも、新規のデータをいくらか追加する必要があるでしょうか。
答えを書く
2 この質問に答える
回答:

ジャーナルで論文を発表することと特許を出願することは、異なるが異なります。したがって、新規のデータがあってもなくても、特許登録された結果を査読付きジャーナルに公開することは可能です。ただし、特許については原稿で引用するとともに、カバーレターもしくは情報開示のセクションでジャーナルに伝える必要があります。

対照的な出版と特許の比較については、こちらを参照してください:https://www.global-engage.com/life-science/publications-and-patents/

回答:

ご自身か共著者の方が、執筆の段階でAuthoreaを使用したことはないでしょうか。Authoreaは、オンライン執筆ツールおよびプレプリントのホスティングプラットフォームです。このプラットフォームを執筆のみに使用していた場合、下書きを削除したいなら、「Delete Document(文書の削除)」のオプションがあります(https://support.authorea.com/en-us/article/how-do-i-delete-a-document-1204imh/)。ただし、プレプリントの場合、Authoreaの出版物としてDOIに登録されます。つまり、恒久的な文献の一部とみなされるので、削除することはできません。しかしながら、プレプリントは正式な出版物としてはカウントされません。Authoreaはプラットフォーム(リポジトリ)であってジャーナルではないので、プレプリントを削除する必要はありません。ほとんどのジャーナルはプレプリントを許可していますが、念のため、今回原稿が受理されたジャーナルの編集者に連絡して、セルフアーカイブのポリシーを確認しましょう。ジャーナルで正式に掲載されれば、Authoreaのプレプリントも更新され、最終版の論文とリンクされます。


このコンテンツは「ジャーナルへの論文投稿」ステージに属しています。

あなたの論文にぴったりのジャーナルを選びたいですか?個別コーチングプログラムでエキスパートのアドバイスを受けましょう。