質問: 査読レポートを受け取ってから返答するまで許容される期間は何日くらいでしょうか?

質問の内容 -
Shock and Vibration (Hindawi)のAcademic editorから査読レポートを受け取ってからほぼ2週間が経過しました。そこには査読レポートに従って原稿の修正を至急(as soon as possible)行うように記載されていました。現在修正はまだ完了しておらず、手遅れにならないか心配です。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

Hindawiを含め、ほとんどのジャーナルが原稿の修正期限を指定しています。期限はジャーナルの巻数や号数などの要素を考慮して決定されますが、30日間というケースが多いようです。ただし、次号の公開に間に合わせるために1週間以内の修正を求められることもあります。

期限が示されていない場合も心配はいりません。必要なだけの時間をかけましょう。査読コメントへの対応は非常に重要なプロセスなので、修正が不十分なまま急いで再投稿することは避けましょう。

心配な場合は、ジャーナル編集長に現在の修正状況と再投稿の予定日を連絡しておけば安心です。


このコンテンツは「ジャーナルへの論文投稿」ステージに属しています。

あなたの論文にぴったりのジャーナルを選びたいですか?個別コーチングプログラムでエキスパートのアドバイスを受けましょう。