質問: Systematic Reviewと、そのプロトコルとの違いについて

質問の内容 -
Systematic review(SR)のプロトコルがある雑誌にアクセプトされ、そのプロトコルに従ってSRを実施しました。そのSRを同じ雑誌に投稿したところ、リジェクトされました。リジェクト理由を見ると、データベースの数の不足などが原因とされていました。プロトコルのアクセプトから2年ほど経過していたため、それまでの間にその雑誌のレベルもかなり上がっており、SRに対する要求が高まっている印象でした。 そのため、内容をもう一度改めて別の雑誌に投稿してみました。すると「プロトコルとSRの違いがわからない。同じ論文ではないのか」と散々問い合わせがあり、最終的にリジェクトされました。 たしかにプロトコルなのでSRで記載している内容とほとんど同じです。しかし、当然ながらプロトコルは方法までしか掲載されていないので、今回のSRとは別であることが当たり前だと思っていたのですが。 SRをまた別の雑誌に投稿してみようと思ってはいるのですが、そのためになにか対策すべきことを教えてください。お願いします。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

実際の原稿とジャーナルの判定通知を確認しないことには、残念ながら、具体的なアドバイスをすることは難しいです。言えるのは、システマティックレビューはPRISMA声明に従って書く必要があるということぐらいです。システマティックレビューの実施と執筆に関する包括的指針については、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedhealth/PMH0079444/#ddd00069 を参照してみてください。


関連記事:

若手研究者のためのシステマティックレビューの書き方指南


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。