Tags

研究倫理

最新

中国人研究者が世界初の遺伝子改変ベビーを誕生させたとの発表は、 2018 年 11 月当時、大きく報じられました続き
科学研究における不正行為は、科学界の評判を傷付けるだけでなく、ほかの領域にも影響を及ぼします。研究不正を見破ることは容易ではありませんが続き
2018 年 11 月、中国人研究者が、遺伝子編集技術「 CRISPR-Cas9 」を使った世界初の遺伝子改変ベビーの誕生を発表しました続き
看護における意思決定、教育、実践、将来的な研究の指針となるのは、確かなエビデンスに基づく慣行です。看護研究における剽窃は続き
Plagiarism is presenting someone else's work as your own and is
A conflict of interest arises whenever there is any potential bias
Plagiarism is one of the most common reasons for journal rejection and
南方科技大学の中国人研究者が、世界初の遺伝子改変ベビーが誕生したと発表しました。この発表に対し続き
ドナルド・サミュラック博士(カクタス・コミュニケーションズ、エディテージ米国オフィス代表)が聞く対談シリーズ:パート 4 【参加者】 アン