Tags

論文の執筆

最新

New
査読者は、査読の対価としての金銭的報酬ばかりか、その貢献に対する認知すら十分に得ていません。こうした現状は、査読プロセスに悪影響を与え続き
New
査読は、好きか嫌いかによらず、学術出版に欠かせない要素であり、著者は、査読と付き合っていく術を学ぶ必要があります。ところで、研究者続き
New
非英語話者の著者が母語で画期的な研究を発表したとしても、英文の一流国際誌で発表しない限り、注目を集めるのは難しいでしょう。続き
New
コロナ禍によって世界中の研究プロジェクトが打撃を受け、研究への影響が不安視されています。一方で、今は続き
学術界に入ると、「出版するか消え去るか(publish or perish)」という文化が根付いていることに気付きます。でも続き
研究論文を書くことを目標にしているなら、より具体的な言葉で表すと、目標を達成しやすくなります。たとえば、「 3500 ワード程度の続き