"namely"を使うか、それとも"such as" や "including"を使うか

"namely"を使うか、それとも"such as" や "including"を使うか

for example”、 “for instance”、"such as"、“including” のような表現を正しく使うことが重要です。これらの表現に共通するのは、ある分類(class)のすべての構成要員ではなく、その中のいくつかを指しているということです。それに対し、”namely”はリストで網羅する場合にそのリストの前につけます。

 

農薬をテストするという実験を考えて見ましょう。A、B、C、いずれも接触中毒剤(口から摂取しなければならない消化中毒剤に対し、接触中毒剤は、対象となる害虫の体に直接触れると効果が出る)といわれるタイプの農薬をテストするとします。また、テストしたのはその3つだけだったとします。

農薬について言及するためには、“three pesticides were tested, namely A, B, and C.” と書かなければなりません。けれども、もし“the pesticides tested included contact poisons A, B, and C”と述べたならば、ある分類のすべての要員が挙げられているときに“include”という動詞を使うことはないので、4つ以上の農薬をテストしたという印象を与えます。

 

同様に、“such as”、 "for example"、"for instance"という表現は、その後に続くリストが網羅的ではなく、一例に過ぎないということを示すものです。結果を考察するときは、その他のいくつかの農薬に言及する可能性があり、“Contact poisons such as A, B, and E are more effective than stomach poisons such as X, Y and Z are in controlling caterpillars.”と書くかもしれません。 

 

such as”を使うときは、リストに“etc.”をつけてはいけないということにも注意しましょう。ちなみに、現在たいていの出版社は、“viz”(ラテン語のvidelicetで、zは短縮形etを意味する古い記号)のかわりに”namely”の使用を勧めています。

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

[site:name]は現在メンテナンス中です。作業中は、ログインや登録などの一部のサイト機能が利用できない場合があります。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。