オープンアクセス出版のメリットとは?

オープンアクセス出版のメリットとは?

[本記事のは、ヒンダウィ社によって発表されたものを、許可を得てここに再掲載したものです。]


多くの研究者は、オープンアクセスジャーナルで論文を発表することに消極的です。その理由として、オープンアクセスという選択肢や、そのメリットに関する知識がないこと、そしてハゲタカ出版社の餌食になることへの恐怖心が挙げられます。以下の図は、オープンアクセスに関するよくある疑問に答えるものです。オープンアクセス出版のメリットや、学術出版界でオープンアクセスが重視される理由などがまとめられています。


【オープンアクセス出版のメリットとは?】


露出が増加

オープンアクセスで出版された論文は、購読型ジャーナルで出版された論文よりも露出が増える:

フルテキストのダウンロード数 >>> 89%多い

PDF版のダウンロード数 >>> 42%多い

読者数(正味) >>> 23%多い

(ソース:http://dx.doi.org/10.1136/bmj.a568


インパクトが増加

オープンアクセス論文は、非オープンアクセス論文よりも1年当たりの被引用数が50%も多いというデータがある。

(ソース://sparceurope.org/oaca_table/


新たなスタンダートになりつつあるオープンアクセス

オープンアクセスは、利用者が増えているだけでなく、政府や助成団体が条件として提示するケースも増えている。

20082013年の間に、PubMed Centralの非オープンアクセスのコンテンツ数が20%増加したのに対し、オープンアクセスのコンテンツ数は350%増加した。

(ソース:http://www.stm-assoc.org/2015_02_20_STM_Report_2015.pdf


研究の民主化

オープンアクセス論文は、すべての人が無料で読むことができる。

グローバルな発展を目指す上では、情報へのアクセスが鍵となる。

貧しい国が豊かな国と同じ情報を得ることができれば、もっとも必要な場所に知識が行き届き、格差の是正につながる。

発展途上国と先進国の科学研究費の格差

米国 >>> 708113939ドル

パキスタン + ルワンダ + ウガンダ + ジンバブエ >>> 677833ドル

(ソース:http://www.oclc.org/global-library-statistics.en.html
 

Why should researchers publish open access?

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

便利さを実感して頂けましたか?

あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください


このコンテンツは「ジャーナルを選ぶ」ステージに属しています。

論文が仕上がりましたか?エキスパートによる無料の個別コーチングを受けて、優れた論文投稿パッケージを準備しましょう。