野口ジュディー先生の科学英語コラム第3回【英語でのオーラル・ポスタープレゼンテーションの極意】

野口ジュディー先生の科学英語コラム第3回【英語でのオーラル・ポスタープレゼンテーションの極意】

この連載の第1回で取り上げたジャンルの概念を理解した上で、第2回でご紹介した文書の構造の把握の仕方やhint expressionsを上手に使えば、プロフェショナルの“難しい”文書を読み書きできるようになります。ただし、自分の研究について話し、ディスカションなどができるようにならないと、本当の研究者にはなれません。今回は、成功するプレゼンテーション術を取り上げましょう。

 

実は、学会発表やポスターセッションなども「ジャンル」として考えるのが成功への近道になります。たとえば、学会でのオーラル・プレゼンテーションでは、大体決まった順番で情報を伝えます。まず、研究全体の紹介と目的を述べ、研究対象と研究方法を知らせ、得られた結果の報告とその解説を行い、結論に導きます。謝辞を述べて発表を締めくくり、会場との質疑応答を行います。このようなフレームワークは、プレゼンテーションを扱った様々な本にも載っていますが、学会でのオーラル・プレゼンテーションを「ジャンル」として扱って解説している本は、今回ご紹介するもの以外にありません。

 

第2回で説明しましたhint expressionsは、論文を書く際に活用できますし、プレゼンテーションでも同じように利用できます。ここで、JECPRESE(The Japanese-English Corpus of Presentations in Science and Engineering)(林ら2012) という、実際に行われたプレゼンテーションをコーパスとして構築し、英語と日本語で検証したウェブサイトをご紹介しましょう。JECPRESEは65件の英語の発表と311件の日本語の発表で構成され、英語と日本語の両方でコンコーダンス検索ができるようになっています。また、ジャンルの特徴を示すムーブ(表現意図)の検索もできるようになっています。

 

たとえば、発表の導入部分で、研究を行った理由を説明したいのであれば、JECPRESEから以下のようなhint expressionsが見つかります。

For understanding …, we have to consider all of this together, …

The problem with this is that …

And we were also asked to design a sustainable alternative for …

 

また、以下のような表現を利用して、プレゼンテーションを上手に締めくくることができます。

One further thing that was a challenge was…

Here's a recap of what we went over today.

So in conclusion we have designed …

 

オーラル・プレゼンテーションは、書いたものと違って、発表者が声を出して説明し、その場で相手に分かってもらう必要があります。ここで重要になるのがprosody(韻律)です。個々の単語の発音だけでなく、音節の強調、抑揚に気を付けましょう。大きな間違いにつながるのが、カタカナ発音です。間違いを避けるために、英語の発音を自分の思い込みに頼るのではなく、本当の音を聞き取り、発音することを普段から心がけましょう。

たとえば、「information」「event」「occur」という単語は、音節で単語を区切ると何番目の音節を強調して言いますか? 近い音として、それぞれ「in for MA shun」「e VENT」「o CUR)」と表せます。カタカナ発音とはずいぶん印象が違います。カタカナ発音では「information」「event」「occur」とは理解してもらえないことも多いでしょう。また、専門語彙のカタカナ発音も多数見受けられます。間違ったカタカナ発音で、「genome」を「ゲノム」と思い込んでいませんか?
 

Judyジュディー先生の本の紹介このような音声に関する注意や、発音練習の仕方だけでなく、ポスタープレゼンテーションと口頭発表の準備から実際の発表までを「Judy先生の成功する理系英語プレゼンテーション」にまとめています。英語の発表が初めてという人や、まだあまり慣れていないという人に特にお勧めです。




JECPRESE, The Japanese-English Corpus of Presentations in Science and Engineering

日英の理工系口頭発表コーパスの構築と検索サイトJECPRESE 
林洋子、国吉二ルソン、野口ジュディー、東條加寿子 / 2012) 

 

野口ジュディー先生のプロフィール:ハワイ大学(化学専攻)卒業、テンプル大学大学院修士課程修了(外国語教育)、バーミンガム大学博士課程修了。博士(応用言語学)。現在、武庫川女子大学薬学部教授(英語)。ESP(English for specific purposes)とJSP(Japanese for specific purposes)の研究、ESP教材開発、ESP教育を専門とする。主な著書に『Judy先生の耳から学ぶ科学英語』、『Judy先生の成功する理系英語プレゼンテーション』(共著:講談社サイエンティフィック)、『テクニカル・イングリッシュの基礎と演習』(総監修:研究社)、『理系英語のライティング』、『理系英語のプレゼンテーション』(以上共著:アルク)など多数。

学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

5万4300人の研究者がここから登録しました。

[site:name]は現在メンテナンス中です。作業中は、ログインや登録などの一部のサイト機能が利用できない場合があります。