現在地

ドナルド・サミュラック博士(カクタス・コミュニケーションズ、エディテージ米国オフィス代表)が聞く対談シリーズ:パート5(最終回)


【参加者】
アン・ウッズ博士(Dr. Anne WoodsWKH看護師長)
ショーン・ケネディ氏(Shawn KennedyAmerican Journal of Nursing誌編集長)


最終回の今回は、学術コミュニティが密接につながるにはどうすべきか、そしてどうすれば著者が論文の売買や剽窃などの不正行為に走らないか、というテーマについて議論が交わされました。せめてもの救いは、今は不正行為を見つけやすくなっているので、不正を犯した著者も発見されやすいということです。出版界は、不品行や不正を働く者に対して神経を研ぎ澄ませる、新たな時代に入っています。そのため、不正をはたらいた著者は、キャリアも信頼も含めて、すべてを失ってしまうことになります。しかしサミュラック博士は、自分たちが把握している非倫理的出版行為は氷山の一角に過ぎないと感じているようです。


本対談シリーズのその他のパート:


Part 1: ジャーナル編集者と出版社が語る:効果的な出版プロセスとは

Part 2: ジャーナル編集者が著者に求めること

Part 3: ジャーナル編集者が警戒する5つの非倫理的出版行為
Part 4: 著者への注意喚起:偽のジャーナルや学会の罠を避けるには

 

 

再発行します

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。
17万9000人超の研究者コミュニティに参加しましょう
エディテージ・インサイトでは、学術研究や学術出版に関する豊富なリソースを無料で提供しています。登録すると、活気あふれる研究者のグローバルコミュニティに自由にアクセスできます。学術出版に関わる仲間たちと、専門知識を分かち合いましょう。
「今すぐ登録する」をクリックすると、利用規約および個人情報保護方針に同意したことになります。
登録/ログインできませんか? 問い合わせ


関連するカテゴリー

 研究者Q&A