質問: 海外論文にてアクセプト後に著者校正があると思いますが、この段階で図の差し替えは可能でしょうか?

質問の内容 -
海外論文に受理されて、あとは掲載を待つのみでしたが、使用していた図(写真)が日本論文で掲載されていた図と同じものを使ってしまっていました。 二重投稿や著作権侵害を回避したいため、図の差し替えをしたいと考えています。
答えを書く
2 この質問に答える
回答:

アクセプトおめでとうございます。また図(写真)の差替えの検討はセンシティブで重要な問題ですので、こうしてご質問なさることは大切なことです。

結論から申し上げますと原則可能です。「原則」というのは、その図(写真)の差替えが論文の論旨に影響を与えない、というのが条件になります。「写真」とのことですので、その写真が有する情報が論旨に影響を与えないのであればエディターにメールをし、著作権侵害を避けたいので変更したい旨を丁寧に告げましょう。よほどでない限り断られることはないと思われますが、エディターによっては二重投稿を疑う方がおられるかもしれませんので、その差替え前の図がどのような出版物に掲載されているのか、また、二重投稿に当たらないといった旨も記載した方がよろしいかと思います。

回答:

ジャーナル編集者は基本的には、すでにレビューを終えて最終版となっている論文に校正段階で変更を加えることを歓迎しないでしょう。その写真が掲載されている日本語論文の掲載ジャーナルに連絡をとって、写真の再利用の許諾申請をしてみてはいかがでしょうか?出典さえ明記されれば、ジャーナルが再利用を許可することには通常は何の問題もありません。許可が取れたら、校正の段階で出典を追記するだけです。これは些細な変更なので、編集者はおそらく気に留めないでしょう。とはいえ、変更を加えた事実については一言伝えることをお勧めします。


しかし、何らかの理由で日本語論文の掲載ジャーナルから許可を得ることができない場合や、なんとしても写真を差し替えたい場合は、まずは編集者に連絡し、どのような変更を行いたいのか、なぜそのような変更を行う必要があるのかを説明しましょう。編集者の承認が得られれば、差し替えは可能です。


関連記事:


このコンテンツは「原稿の執筆」ステージに属しています。

無料の個別コーチングで、優れた研究論文の書き方を学びましょう。