質問: ハゲタカ雑誌に投稿して掲載されてしまった論文がある場合、その後の対処はどのようにすればよいでしょうか。

質問の内容 -
ハゲタカ雑誌に投稿して掲載してしまった論文がある知人がいる場合に、その後のできうる対応の助言を求められています。例えば、自身の公開している業績リストからは削除することなどを検討しているのですが、事実を隠蔽していると取られて問題になることなどはないでしょうか。もちろん問い合わせを受けた場合などには事実を回答するつもりです。
答えを書く
1 この質問に答える
回答:

おっしゃる通り、今回の出版歴は業績リストに含めるべきではないでしょう。ハゲタカジャーナルとの関わりは、いかなる形でも避けるのがベストだからです。しかし、もしも誰かから尋ねられたら、正直に答え、ハゲタカジャーナルであることに気づかずに知らないうちに出版されてしまったと説明しましょう。これは学術界共通の問題であり、多くの若手研究者がだまされてしまっている状況があるので、おそらく理解してもらえるでしょう。

今後のために、以下の関連記事で、ハゲタカジャーナルへの対処法とその避け方を確認しておきましょう:


このコンテンツは「ジャーナルを選ぶ」ステージに属しています。

論文が仕上がりましたか?エキスパートによる無料の個別コーチングを受けて、優れた論文投稿パッケージを準備しましょう。