現在地

クラウドで書くということ:共同的な文章のためのツール

トーマス・クロウツィアー | 2015年1月21日 | 36,689 ビュー
クラウドで書くということ:共同的な文章のためのツール

私は今、研究論文をいくつか書いています。フランスにあるオフィスから、ブラジル、そしてアメリカにある2つの都市にいる共同研究者との共著論文を書かなければなりません。互いにこんなに離れた場所にいながら、科学論文のような精緻な文章を共同で書くには、どうすればよいでしょうか?

しばらくの間は、ワード文書の変更履歴機能や電子メールを使い、校正した論文を往復させるのが解決法でした。しかしこの方法を使っている人は、電子メールが乱雑になること、同じ文書に対する10もの異なるバージョンをどうにかこなさなければならないことを、嫌というほど知っています。

今では、クラウドサービスの出現により、リアルタイムで実際の論文を共同的に書くことが可能になっています。サイズを超えた電子メールも、全員の構成を追跡しようとして起こる頭痛もなくなります! クラウドというツールを使えば、 すべての共同研究者が、自分のウェブブラウザにいながらにして、同じ文書(リモート・サーバーに安全に保管されている)を編集できるのです。

 

クラウドサービスを用いた Google docs(Googleドキュメント)、One DriveSciGitにより、複数のユーザーがライブで文章編集することができるようになり、それらは改訂版の管理もしてくれます。いずれも無料ですが、それぞれに得意とするところがあります。Google docs は、機能性に富み、Googleの一連のアプリとも連携しています。SkyDriveは、マイクロソフト社の Office 一式と完全に互換性があります。SciGit は科学的文章に特化されています。複雑な数学の公式を書くのに特に役立つマークアップ言語であるLaTeXで文章を書くのを好むひともいます。LaTeX のユーザーには、ShareLaTeXWriteLaTeXAuthoreaといった、共同的な執筆が行えるウェブベースのプラットフォームもあります。

多くの拡張機能に恵まれているGoogle docsは、伝統的なワープロにとってとりわけ重大な競争相手になっています。数式エディタ(equation writers)、シソーラス、クリップアート・リソース、レファレンス・マネージャー(文献管理)などの拡張機能が無料で利用できます。研究者にとって非常に有益なのは、ChromeとGoogle Appsで動くウェブベースのレファレンス・マネージャーであるPaperpileで、論文の検索、整理、講読、執筆をオンラインで行うのに役立ちます。Chrome のアプリケーションという形をとっているということは、Mac、PCとも互換性があり、実質上どこからでもアクセスできるということです。ユーザーは別のレファレンス・マネージャーから参考文献をインポートするか、論文に関するウェブを閲覧することにより、参考文献や関連のあるpdfのコレクションを作ります。
特に、Paperpile はPubmedGoogle Scholarなど、多くの学術情報検索エンジンにうまく組み込まれています。ワンクリックで、参考文献をコレクションに書き加えたり、Googleドライブのストレージスペースからpdfをダウンロードできます。

Paperfile


Paperpile は、レファレンス・マネージャーであるとともにサイテーション・マネージャー(Citation manager)でもあり、Googleドキュメントのアプリに直接組み込まれています。

Google Driveを使ってpdfファイルをすべて保存することにより、モバイル機器も含め、どこにいてもPaperpileで論文コレクションを利用できるようになります。Google Driveで使えるフリースペースは15Gb(教育用のGoogleアプリは30Gb)ですので、Paperpileのユーザーはスペース不足を心配する必要はありません。論文を書こうという気持ちになったらその時点で、Paperpile とGoogle Docs を使って、論文コレクションを検索し、引用文を挿入し、参考文献一覧を作ることができます。

Paperpile は学術機関や非営利組織の場合、30日間無料でお試しができ、以後は1ヶ月2.99ドルで利用できます。

 

 

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。
17万9000人超の研究者コミュニティに参加しましょう
エディテージ・インサイトでは、学術研究や学術出版に関する豊富なリソースを無料で提供しています。登録すると、活気あふれる研究者のグローバルコミュニティに自由にアクセスできます。学術出版に関わる仲間たちと、専門知識を分かち合いましょう。
「今すぐ登録する」をクリックすると、利用規約および個人情報保護方針に同意したことになります。
登録/ログインできませんか? 問い合わせ


関連するカテゴリー

 研究者Q&A