現在地

弦理論解明のカギは重力波にあり?

Aparna Ayyar | 2017年12月19日 | 775 ビュー
弦理論解明のカギは重力波にあり?

弦理論(ひも理論)は、物理学においておそらくもっとも議論が尽くされた量子重力理論ですが、今、この理論が再び議論の対象になっています。ただし、今回は弦理論の正しさが証明されることになるかもしれません。


弦理論は、すべての素粒子は一次元の弦によって構成されており、これらの弦が宇宙空間を伝搬し相互に作用しているという仮説で、「余剰次元(隠れた次元)」の存在も示唆していますが、科学的に証明されているわけではありません。しかし、Journal of Cosmology and Astroparticle Physics 誌で最近発表された論文で、余剰次元の存在の解明が試みられています。それは、弦理論を直接的に裏付けるものとなります。重力波が存在する証拠を科学者たちが発見したのは、およそ2年前です。また、時空の歪みとして捉えられている重力波の存在を初めて予想したのは、アインシュタインです。


マックス・プランク重力物理学研究所の研究者らが最近発表した論文では、重力波によって余剰次元の存在を証明する方法が2通り示されており、この中で、「異次元が存在すると仮定すると、重力波は確実にその次元に波及する」と説明されています。また、余剰次元の存在を明らかにするためには、高周波帯の重力波の検知と、余剰次元の「呼吸」を検出することが鍵になることを立証しています。きわめて微細なものであると考えられている余剰次元は、弦理論の根幹をなすものです。したがって、この次元の存在が明らかになれば、弦理論の正しさは揺るぎないものになるでしょう。


ソース:
doi: 10.1088/1475-7516/2017/06/048

再投稿

この記事がお気に入りですか?皆に紹介しましょう!
知識は、あらゆる人に開かれるべきです。私たちは、購読者の皆さんが記事を紹介し、ウェブに再掲載し、プリントすることを推奨します。我々のクリエイティブコモンズ・ライセンスにより、それらの活動を、無料で行うことが可能です。その際、次の基本ガイドラインを守って頂くようお願いいたします:
  • 帰属:必ず著者名を明記してください。著者たちは、この記事を書くために多大な時間と労力を費やしています。
  • エディテージ・インサイト:出典元として、「エディテージ・インサイト」と明記してください。
  • ティーザー広告の活用:記事の数行のみを掲載し、「記事全文はエディテージ・インサイトでお読みください」と言うことも可能です。記事のリンクを貼るのをお忘れなく!
  • 画像の再使用:我々の記事の写真を再掲載する際は、オリジナル画像の出典元から事前に許可を得るか、またはクレジットを明記することが必要な場合があります。
  • 手軽で便利な埋め込みコード:下記の埋め込みコードを使うと、この記事をあなたのホームページで簡単にシェアできます。

 

上記のコードをコピーし、ご自身のウェブサイトに貼りつけてご利用ください。

関連するカテゴリー

 研究者Q&A