このコンテンツは「ジャーナルへの論文投稿」ステージに属しています。

あなたの論文にぴったりのジャーナルを選びたいですか?個別コーチングプログラムでエキスパートのアドバイスを受けましょう。

学術出版ワークフローの基本を知る

学術出版ワークフローの基本を知る

若い研究者が学術出版の世界に飛び込むには、勇気が必要です。覚えることやすべきことは、盛りだくさんです!おまけに、学術出版のプロセスは非常に難解に見えるかもしれません。以下の図は、論文の投稿から出版に至るまでの出版ワークフローを表したフローチャートです。この図を見れば、一般的な出版プロセスがどのように進行するのかを知ることができます。また、従来型システムの各段階に新たな出版モデルが入り込んでシステム全体を変えていく様子を知るきっかけにもなるでしょう。何事も、基本を正しく理解することが重要です。この図は、まさにその基本理解ために作成されたものです。


【ジャーナル出版のワークフロー】

・著者がジャーナルに論文を投稿

ジャーナルが論文をチェック

・不合格 デスクリジェクト(査読以前のリジェクト)

・合格 査読: 2人以上の査読者による審査

審査を終えた査読者は、論文に対する評価やコメントをジャーナル編集者に伝える

ジャーナル編集者が査読者による評価やコメントを検討

・修正なしでアクセプト(きわめて稀)

・修正のうえ再投稿(大幅修正、major revisions

・修正のうえ再投稿(小幅修正、minor revision

・リジェクト

修正のうえ再投稿の場合、必要な修正を行うよう求められる

必要な修正を加え、ジャーナルに再投稿

査読者が再び論文を査読(ラウンド2

編集者がアクセプトかリジェクトの最終判定を下す

 

    How journal publishing works

    PDF版のダウンロードが可能です。参考資料としてお気軽にお使いください。
     

    <関連記事>


    論文投稿や出版プロセスについて分からないことはありませんか?当サイトのQ&Aフォーラムから疑問・質問をお寄せ頂ければ、エディテージの専門家チームがベストなアドバイスを提供いたします!

    学術出版ワークフロー.pdf

    学術界でキャリアを積み、出版の旅を歩もうとしている皆様をサポートします!

    無制限にアクセスしましょう!登録を行なって、すべてのリソースと活気あふれる研究コミュニティに自由に参加しましょう。

    ソーシャルアカウントを使ってワンクリックでサインイン

    5万4300人の研究者がここから登録しました。

    便利さを実感して頂けましたか?

    あなたの周りの研究者にもぜひご紹介ください


    このコンテンツは「ジャーナルへの論文投稿」ステージに属しています。

    あなたの論文にぴったりのジャーナルを選びたいですか?個別コーチングプログラムでエキスパートのアドバイスを受けましょう。