現在地

Publons の認識システムは査読システムに変化をもたらすか?

スネハ・クルカルニ | 2014年11月27日 | 11,577 ビュー
Publons の認識システムは査読システムに変化をもたらすか?

査読は掲載レベルに達している科学論文をふるい分けるのに最も効果的な方法の一つとして受け入れられていますが、いまだにほとんど認められていない仕事であるとは皮肉なものです。
最近開設されたパブロンのプラットフォームは、査読者の認知のための透明化されたシステムを設立することによって査読に動機を与えることです。

パブロンのシステムは、もっと時間と査読への注目を割り当てるために、査読者の「査読記録」が彼らにモチベーションを与えることを可能にするでしょうか?

 

 

こちらの記事は会員登録後にお読み頂けます。
無料登録するとすべての記事を閲覧できます。あなたも16万9000人の エディテージ会員の一員になりましょう!

会員登録のメリット
  • 無制限の記事閲覧
  • プレミアム記事の閲覧
  • 個別アドバイスの活用
  • 記事の保存とプリント
  • 会員限定の割引サービス等